銀行カードローン審査ってどうなの?

トップ画像

銀行カードローン審査おすすめランキング!【最新版】

銀行カードローン審査通りやすい?【消費者金融審査比較!】

女性1

カードローンって何?

最近、テレビCMなどで耳にすることが多くなった「カードローン」という言葉ですが、その意味が分からない人のために説明しておきます。

 

カードローンとは、ローンを組んで買い物をするためのカードではありません。

 

そのようなカードは、クレジットカードと言います。

 

カードローンとは、金融商品のことです。

 

親子や兄弟なら、長年生活を共にしてきたのでしょうから安心してお金の貸し借りをするかも知れませんが、他人からお金を借りるという場合は、そうはいきません。

 

まして、金融業という商売は貸す側の立場からすると見ず知らずの人にお金を貸すのですから、借り手に返済できる能力があることを確認しなければ安心して貸すことはできません。

 

ですから、借りる側は自分の身元や収入を証明するものなどを用意して、貸してくれる人に「お金を貸して」と頼みに行く必要があるのです。

 

貸す側は、その人の収入状況や人柄を観て「この人なら貸しても大丈夫」と判断できてから、はじめてお金を貸してあることができるのです。

 

このように、安心してお金を貸せるかというを判断する作業を「審査」と言います。

 

 

さて、一度お金を借りた人が「更に追加で借りたい」とか「一旦返したけど、また借りたい」と思った場合に、もう一度、同じように審査するのは手間がかかりますね。

 

そこで、「一度審査したなら一定期間は審査を有効にしましから、再審査なしで貸してあげますよ」ということにして、借り手が自由にお金の借入れや返済ができるカードを発行してあげるシステムが「カードローン」なのです。

 

これにより、借り手はいちいち審査を受けなくても限度額(貸す側がこの金額までは貸しますと定めた金額)以内なら、自由に借入れができるのです。

 

 

お金を貸してくれる業者とは?

カードローンでお金を貸してくれる業者には、数年前まで「サラ金」と呼ばれていた「消費者金融」やクレジットカードの「信販会社」(キャッシング枠は貸金業)、そして預金業務や為替業務と平行して融資業務を行なっている「銀行」があります。

 

消費者金融と信販会社の融資業務は「貸金業法」によって規制されますが、銀行は「銀行法」という別の法律に基づいて業務を行なっていることも覚えておいて下さい。

 

 

貸金業法と銀行法

消費者金融業者やクレジットカードのキャッシング枠に適用される「貸金業法」には、借り手が不用意に借入れ過ぎないように制限する「総量規制」という制限があります。

 

これは、借り手の年収の1/3を超える借入れを禁止した法律で、借り手に複数の借入れが有る場合は、その総額が適用されます。
ですから、貸金業者は借り手の他社からの借入れ状況や年収を厳しく確認することが義務づけられているのです。

 

 

一方、銀行法にはこのような規定はないので、収入によって金額の上限が規制されることはありません。

 

しかし、返済能力を判断する上で年収に対する返済負担率は大きな要因となるので、制限無しで借り入れられるわけではありません。

 

 

銀行と貸金業者の違い

先ほど説明しましたように、預金や為替業務と平行して金融業務を行なっているため公共性が強い団体です。

 

しかし、消費者金融や信販会社は貸金や割賦業務なので、利益追求型の企業です。

 

両者の違いを簡単な例で説明しますと、銀行が経営困難に陥ると「公的資金」を注入しもらえますが、消費者金融が潰れそうになっても国は援助してくれないということです。

 

その公共性の強さが原因しているのかもしれませんが、銀行のカードローンは消費者金融系や信販系のカードローンよりも金利が低いことが多いです。

 

 

消費者金融は審査が甘い?銀行は審査が厳しい?!

お金を借りる場合、借りた金額よりも多くの額を返すことを約束します。

 

この多く返済する分を「利子」や「利息」と言い、借りた金額の何%を利息とするかを「金利」とか「利率」と言います。

 

 

金融業界では、金利が低いローンが条件が良いと判断されます。

 

それに加えて、利用限度額が大きいほど良い条件と考えられます。

 

一般的に、カードローンは消費者金融や信販系カードよりも高額融資で低金利なので条件が良いというのが常識です。

 

又、条件が良いカードローンほど借り手が多く集まるので、審査基準が高いということも常識です。

 

 

高額な融資ほど審査が厳しい

カードローンを比較する際に金利とともに判断する要因として「借入限度額」があります。
これは融資する側が「うちのカードローンはいくらまで貸せます」という上限を設定している金額で、消費者金融は500万円止まりが多いようです。
これに対して、銀行カードローンの場合は500万円、800万円、1,000万円と様々あります。

 

カードローン業界では、限度額が高くなるほど金利が下がる設定なので、高い限度額ほど好条件ということになります。

 

しかし、高額になればなるほど高い返済能力が必要になるので、それを検証するために審査の基準はグッと高くなります。

 

 

ここまでの結論

このように、消費者金融や信販会社などの貸金業と銀行のカードローンを比べた場合、「貸金業の方が低額融資で高金利ですが審査が甘い」「銀行の方が低金利で高額融資なため審査が厳しい」というのが、一般的な傾向です。

 

 

では、審査が厳しいと言われる銀行カードローンの中でも、会社によって審査に違いがあるのか?
調査していくことにしましょう。

銀行カードローン審査と審査時間は関係ある?

キーボード

審査が厳しいと言われる銀行カードローンですが‥

一般的に銀行カードローンは消費者金融カードローンに比べて審査が厳しいと言われますが、すべて同じ基準というわけではありません。

 

それぞれカードローンという商品を提供しており、利用限度額や金利が異なるわけですから、当然、審査基準も違うはずです。

 

 

では、ここで気になる3つの銀行をピックアップし、カードローンのスペックや審査基準を比較して、どこが審査が甘い(?‥というよりは通り易いか?)について分析していきたいと思います。

 

 

ここで取り上げるのは、カードローンとしては驚異的なスピードを誇る「三菱東京UFJ銀行バンクイック」、カードローンの貸出限度額が最高額の「みずほ銀行カードローン」、ネット銀行を始め手広く業務展開をしているオリックスグループの「オリックス銀行カードローン」の3行に絞りたいと思います。

 

 

日本の三大メガバンクと言えば?!

言わずと知れた!三菱東京UFJ、みずほ、三井住友銀行ですね。

 

いずれもカードローンに積極的で、テレビCMも毎日流れていますからご存じの方も多いのではないでしょうか?

 

 

三菱東京UFJ銀行カードローンと言えば、バンクイック

 

男優の阿部寛さんが「口座が無い人でも、最短40秒でカード発行」とか「お申し込みはテレビ窓口で」というCMで有名です。

 

 

三井住友銀行カードローンは、女優の吉高由里子さんが「0120-923-923」とやたら電話番号を連呼していますね。

 

「キューニーサン」と聞けば三井住友銀行カードローンが連想されるほど印象に残ってしまっているのは、私だけではないと思います。

 

 

みずほ銀行は、女優の井上真央さんをイメージキャラクターとして起用してCMを展開していて、女性専用カードローンも用意するほどカードローンに積極的です。

 

 

ネット銀行ではオリックス銀行が積極的?!

ネット銀行とは、営業に必要な最小限の店舗のみを開設し、通常はインターネットや電話などの通信端末を介した業務を中心とする銀行です。

 

現在では、ジャパンネット、ソニー、楽天、住信SBIネット、じぶん、セブン、イオン銀行など数多く営業していますが、その中でカードローンを積極的に宣伝しているのはオリックス銀行です。

 

メジャーリーガーのイチロー選手やタレントの篠原涼子さんのCMで、知名度は高いと思います。

 

 

審査が早いと甘い?

そんなウワサはよく聞きますが、果たして本当なのでしょうか?

 

三菱東京UFJ銀行バンクイックは最短40分でカード発行みずほ銀行カードローンは最短即日融資可能、オリックス銀行カードローンも最短即日審査を謳っています。

 

ウワサが真実ならば、三菱東京UFJのバンクイックは「甘い」を通り越して「激甘(げきあま)」と言うことになりますね。

 

果たして、真意のほどはどうなのかを、これからじっくりと研究してみたいと思います。

銀行カードローンの審査基準は?

女性2

格段に審査が速くなった銀行カードローン!

数年前までは、「すぐに借りられるのは消費者金融」、「銀行は時間がかかるのは銀行の融資」という印象でした。

 

消費者金融業者は「お金を貸す事が専門」なので、借り手を審査するノウハウを持っていました。

 

そのため、効率良い審査が可能だったので短時間で審査が完了し、融資ができたのです。

 

 

一方で、預金や為替などの業務や住宅ローンなどの融資がメイン業務だったので、無担保ローンに関するノウハウは消費者金融業者よりも持っていませんでした。

 

それが原因で、消費者金融よりも審査に時間がかかっていたようです。

 

 

しかし、バブル崩壊の影響で総量規制が導入され、貸金業者の大口融資が困難になってきたために、多くの消費者金融業者は銀行系列のグループ企業として吸収されました。

 

そこで、持ち前のノウハウを活かしてカードローンの保証会社として活路を見いだしたのです。

 

 

消費者金融業者が保証業務を請け負い審査を担当することによって銀行カードローンは飛躍的にスピードアップし、今や即日審査回答は当たり前、即日融資も可能な時代になりました。

 

このように、進化のウラには、消費者金融の力があったのです。

 

 

消費者金融の審査で銀行カードローン審査基準は甘くなった?

「消費者金融は金利が高いが審査は甘い」「審査は厳しいが金利は安い」と言われますが、銀行カードローンを消費者金融が審査することで基準は甘くなるかも?

 

審査が不安な人は、こんな期待を抱くかもしれませんね。

 

 

例えば、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの審査はアコムが担当しますが、そのことでバンクイックの審査が甘くなるのか?
と言えば、そんなことはありません。

 

 

なぜなら、アコムとバンクイックでは規制する法律が違うからです。

 

アコムは消費者金融業者なので「貸金業法」が適用され、バンクイックは「銀行法」に基づいて営業しています。

 

従って、審査基準も変ってくるのは当然ですから、「アコムとバンクイックの審査は共通」という方程式はあてはまりません。

 

 

3つのカードローンを比較すると?三菱東京UFJ銀行が圧倒的に速い

ここで、今回取り上げている三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックとみずほ銀行カードローン、オリックス銀行カードローンを比較してみましょう。

 

審査する保証会社は、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは消費者金融のアコム、みずほ銀行カードローンはクレジットカードのオリコ、オリックス銀行カードローンはオリックス・クレジット株式会社(高額融資)と新生銀行レイクの保証会社でもある新生フィナンシャル株式会社(低額融資)が担当しています。

 

 

審査回答は、各社とも即日回答可能ですが、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックだけが最短30分と驚異的な速さです。

 

これは、三菱東京UFJ銀行の審査基準が甘いということなのでしょうか?

 

確かに、利用限度額では三菱東京UFJ銀行が500万円と3行の中では一番低いので、そのあたりに秘密があるのかもしれません。

銀行カードローン審査おすすめランキング!【最新版】

銀行カードローン甘い【Q&A】関連ページ

銀行カードローン審査内容!専業主婦の借入は?【安定した収入】
カードローン審査って何を観るの?厳しい、甘いと言われる審査ですが、審査する側は利用者を心証で判断しているわけではありません。各社で独自の評価基準があります。では、何を評価しているのか?一般的な評価のポイントとは?!
バンクイック審査時間は?即日融資も可能!【審査厳しい?】
審査が最短30分、ローンカード発行はテレビ窓口で最短40分!!銀行カードローンでは考えられない驚異のスピード完結です。そんなバンクイックのスペックとは?!
バンクイック審査時間!審査早いと審査甘い?【ネット申し込み】
審査時間が速いのは審査が甘いということ?最短30分で審査回答!40分でカード発行とは消費者金融なみのスピードです!その速さのカラクリはどこにある?!
オリックス銀行カードローン審査が甘くなった理由は?【審査基準】
オリックス銀行カードローンの審査が甘くなった?!高額融資のイメージが強かったオリックス銀行カードローンから、収入制限200万円の縛りが撤廃!アルバイトやパートでも申込みが可能に!はたして一体ナニがあった?!
バンクイック審査甘い?厳しい?【即日審査の流れと口コミ】
審査担当がアコムなら審査基準もアコムなみ?アコムと言えばノンバンクカードローンでの審査通過率No.1!ならばバンクイックの審査も甘いのか?!徹底検証!!
銀行カードローン審査甘い?即日融資OK【審査ゆるい銀行は?】
銀行カードローンの審査回答が即日対応になった要因とは?!数年前までは考えられなかったスピードで審査結果が回答されるウラには何が?審査基準が甘くなったから?そこには、こんな原因が!
みずほ銀行カードローン即日融資は?【ネット申込で来店不要!】
【みずほ銀行カードローンは即日融資できる?】みずほ銀行の口座は必須なのであらかじめ口座を持っていれば可能です。口座が無い人は申込みができますが、口座が開設されるまで融資はできません!しかし、口座が無い人でもワザを使えば即日融資が可能に?!
みずほ銀行のレディースローンとは?金利安い【利用限度額は?】
【みずほ銀行カードローン】レディースローンのみずほMyWingは働く女性の為のカードローンです。利用限度額が低いため一般カードローンよりも審査が甘いと推測されますが、そのほかにもメリットは盛りだくさん!!
みずほ銀行カードローン審査は甘い?【審査基準の詳細チェック】
利用限度額は銀行カードローン最高額の1,000万円!更に驚異の金利!年3.0%〜7.0%のエグゼクティブプランと通常金利の3.5%〜14.0%のコンフォートプランの2本立て!その詳細とは?!
みずほ銀行カードローン2つのプランの違いは?【金利比較!】
【みずほ銀行カードローン】エグゼクティブプランとコンフォートプランの違いとは?両者を比較してみて発覚した意外な事実!これなら通るかも?エグゼクティブプラン突破に向けた秘策とは?!
カードローン審査甘い即日融資できる銀行は?【申込み通りやすい?】
銀行カードローン!即日融資を可能にする方法は?!審査の甘い銀行を探す!誰もが考えそうですが、銀行カードローンの審査はそんなに甘くはありません。肝心なことは「審査をスムーズに行なわせること」です。そのためには何をすれば良い?!
オリックス銀行カードローン金利0円【今ならキャンペーン中!】
【オリックス銀行カードローン】オリックスグループの恩恵が受けられるお得なカードローン!大口融資に対応!しかも金利は業界最低水準!!更に今ならキャンペーン中なのでオトクが倍増中!詳細はココだ!!
バンクイック専業主婦でも審査通る?【旦那にばれずに借入れ!】
三菱東京UFJ銀行カードローンは無収入でも借りられる?!収入が無い人でも借りられるのなら審査不要?いいえ!!配偶者の収入が必須条件です。でも配偶者の同意なしに申し込めるので審査は甘い?その実態とは?!
バンクイック審査早っ!審査が甘いの関係ある?【金利比較】
審査が速いのは基準が甘いから?一般的に条件が悪いカードローンは審査が甘いと言われていますが、バンクイックはどうなのでしょうか?金利面から比較して甘さを検証してみましょう。
バンクイック低金利で審査甘いって本当?【借入限度額少ない!】
バンクイックは消費者金融カードローンと間違うようなスピード感とフットワークの良さがポイントのカードローン!しかし、銀行カードローンのメリットはしっかりキープ!どこが違うのか?!
みずほ銀行カードローン審査通るには!【専業主婦借入できる?】
【みずほ銀行カードローン】収入が無い専業主婦でも申込み可能です。同意書や収入証明書の提出が不要なので旦那バレの心配ナシ!審査はクレジットカードで有名なオリコが担当します。審査が厳しいか甘いかはオリコ次第?それって本当?!
銀行カードローン審査通るには?持ち家高評価【年収関係ない?】
銀行カードローン審査を有利にするためには?カードローン審査は決して甘くはありません。ですから、少しでも有利に展開する努力をすることが承認をえるための必勝法です!では、一体何をすればいいのか?その対策法とは?!