銀行カードローン審査甘い?【審査時間は?】

女性9

銀行カードローンも即日審査結果は当たり前の時代!

ここまで、消費者金融カードローン並みのスピード審査を誇る「三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック」について取り上げて検証してきました。

 

審査回答が最短30分、カード発行が最短40分というスピードは銀行カードローンでは異例の速さです。

 

 

そこまで極端な高速化は実現しないまでも、他の銀行カードローンでも即日審査回答は当たり前の時代になってきました。

 

これは、数年前までは考えられなかった高速化です。

 

この現象は、数年間で銀行カードローンの審査基準が消費者金融カードローン並みに甘くなったということなのでしょうか?

 

 

すべての要因は総量規制?

日本の金融業界は2010年に「総量規制」を導入しました。

 

これは、バブル崩壊などの原因で金欠状態に陥った人が、安易にお金を借りられる「サラ金」に走り借金で首が回らなくなる事が多発したため、その予防策として年収の1/3以上の借入れを禁止した規制です。

 

これは、当時のサラ金や街金(現在の消費者金融)を規制する「貸金業法」に適用された法律で、銀行(銀行法)は適用外でした。

 

 

この年収の1/3という規制は、複数社からの借入れがある場合はすべて合算されるという厳しいものでした。

 

そのため、消費者金融業者は多額の貸付ができなくなってしまったのです。

 

この事を具体例をあげて説明しますと、年収300万円の人がA社から30万円、B社から30万円、C社から30万円を借り入れていた場合、新たにD社のカードローンを申し込んでも10万円しか借りる事ができなくなってしまったというわけです。

 

 

多くの消費者金融が銀行グループの傘下に!

大口融資の途を断たれてしまった消費者金融業者の多くは、銀行関連のグループ企業に吸収や合併されることで存続を図りました。

 

消費者金融大手のアコムは「三菱UFJフィナンシャル・グループ」の傘下に、プロミスやモビットは「三井住友銀行グループ」に、レイクは新生銀行の子会社として営業しています。

 

 

銀行が消費者金融業者と手を組むことのメリットとは?

銀行はカードローン以外にも預金や為替業務などを行なっています。

 

むしろ、そちらの方が本業なので、カードローン業務に関するノウハウがあまりありません。

 

 

一方、消費者金融業者の本業は貸金業なので、長年蓄積してきた顧客データーにより信用審査のノウハウも豊富です。

 

つまり、カードローン業務に関しては、銀行よりも消費者金融業者の方が得意ということなのです。

 

そこで、消費者金融を傘下に向かえた銀行は、カードローンの審査業務を消費者金融業者に任せることで作業の効率化と高速化が図れるようになったのです。

 

 

ですから、銀行カードローンが以前に比べて審査が速くなったのは審査の効率があがったからで、決して甘い審査基準になったからではありません。

銀行カードローン審査おすすめランキング!【最新版】

銀行カードローン審査甘い?即日融資OK【審査ゆるい銀行は?】記事一覧

申し込むタイミングが重要!インターネットの普及により、カードローンの申込みは24時間受付の時代になりました。審査時間もグッと短縮され、即日審査回答が当たり前の時代になりつつあります。とは言え、最終的に審査をするのは人間ですから、審査する保証会の社員が出社している時間帯でなければ審査結果を即日でもらうことはできません。通常、審査結果の通知は平日なら20時から21時、土日祝日なら17時頃までは実施され...

そもそも、どうしてカードローンに審査があるの?答えは、簡単です!見ず知らずの人にお金を貸しても、返してくれる保証がないからです。親兄弟や親族なら問題はないのですが、いきなり赤の他人が来て「お金を貸して」と言われても、アッサリ貸すほど金融業者は甘いわけがありません。面識も無ければ経済状況も判らないので、貸す側は「危険なことこの上ない」ですからね。そこで、身元や勤務先などを確認して「この人ならいくらま...

銀行カードローンは年収による規制なし消費者金融カードローンには「総量規制」という制限があります。そのため、年収の1/3までしか借り入れることができません。しかし、銀行カードローンは規制外なので、法律上は年収に関係なく借入が認められています。ですから、専業主婦やパート、アルバイトの人でも、借入は可能です。専業主婦は三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行ならば、専業主婦枠で利用限度枠30万円以内の範囲で申し込...