バンクイック審査は早い!【最短審査】

女性3

バンクイックと他行の審査時間の比較

三菱東京UFJ銀行バンクイックの審査は早く、最短でカード発行(融資可能)です。

 

この速さは、他のカードローンと比較して、どうなのでしょうか?

 

 

りそな銀行の「りそなプレミアムカードローン」はインターネットからの申込みで最短で審査回答が知らされてきます。

 

その後、申込書が自宅に郵送されてきて署名捺印した後に返送(又は持参して来店)して契約手続きが完了するので、審査結果から融資実行までは数日かかるようです。

 

 

一方で、消費者金融カードローンではどうなのでしょうか?

 

消費者金融大手のアコムは、最短30分で審査回答、即日振込み融資に対応ですし、むじんくん(自動契約機)まで出向けば、その場でカードが受け取れます。

 

プロミスも振込みや自動契約機で即日融資に対応しています。

 

これらの点を考慮すると、三菱東京UFJ銀行カードローンは消費者金融並に融資スペックや設備が備わっているということが判ります。

 

ポイントは審査の速さ!

いくら自動契約機を完備したところで、肝心の審査に時間がかかってしまっていたら即日融資はあり得ません。

 

カードローン業界の常識として、「消費者金融は金利が高いが審査は甘い。銀行は金利が安いが審査は厳しい」と言われています。

 

これは消費者金融業者は銀行カードローンよりも金利が高いので、人気対策として審査を甘くしているという事があるのかもしれません。

 

一方で、銀行カードローンでは低金利で融資するために、それだけ慎重に審査をしているというとも考えられます。

 

そのために消費者金融は審査時間が短いのでしょうか?

 

そうだとすると、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは、銀行カードローンというよりは消費者金融並のスピード審査、スピード融資なので、審査も消費者金融並に甘い?ということになるかもしれません。

 

あくまで、仮定の話ですけどね!

 

 

限度額の低さが審査スピードの速さに関係?

前にも触れたように、三菱東京UFJ銀行カードローンの貸出限度額は500万円です。

 

他行では、800万円や1,000万円という限度額も多いので、500万円という金額は銀行カードローンとしては低い方です。

 

 

一方で、貸し出し金額が高くなるほど、相手の返済能力を正確に把握しなければ損害が大きくなってしまいますから、厳しく審査をすることになります。

 

逆に、低い金額の方が貸しやすいということにもつながります。

 

 

三菱東京UFJ銀行のカードローン審査の時間が、他行に比べて群を抜いて速いのは、500万円という貸出限度額に秘密があるのかもしれません。

 

バンクイックは、フットワークの良いライト感覚な銀行カードローンを目指しているのかもしれませんね。

バンクイックお申し込みはこちらから!

 

 

申し込み