バンクイック審査通りやすい?【消費者金融審査比較】

パソコン

限度額は消費者金融なみの500万円!でも金利は銀行カードローン

ここまで、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」について分析してみましたが、ここで総括してみましょう。

 

カードローンで最初に注目する点は、利用限度額と金利ですね。

 

三菱東京UFJ銀行カードローンの利用限度額500万円!

 

この金額は、銀行カードローンの中では最小ランク、というよりは消費者金融レベルの少なさです。

 

しかし、金利は銀行カードローンの平均レベルなので、消費者金融カードローンよりは遙かに安心して借り入れることができます。

 

審査はどう?消費者金融なみに甘い?

消費者金融カードローンは、銀行カードローンよりも審査が甘いと言われていますが、三菱東京UFJ銀行カードローンの場合はどうなのでしょうか?

 

確かに限度額の面で考えると消費者金融カードローンレベルの審査基準のような気もしますが、金利面では銀行カードローンレベルのような気もします。

 

口コミでは、審査する保証会社はアコムなので、自社の審査基準と同じではないにせよ、それなりに通過しやすい審査という意見も多いようです。

 

事実、三大メガバンクのカードローンを申し込んで、唯一満額回答を得られたのが三菱東京UFJ銀行カードローンだったという体験談もありました。

 

この事から考えると、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行カードローンの中では審査が甘い方だと言えると思います。

 

 

銀行カードローンなので低金利

「三菱東京UFJ銀行カードローンは消費者金融カードローンに近い」言いましたが、それでも銀行カードローンならでは!という点が多くあります。

 

 

消費者金融カードローンの金利は、年利4.5%〜18.0%という数値が相場ですが、三菱東京UFJ銀行カードローンは1.8%〜14.6%という銀行カードローンの平均レベルの年利です。

 

ここで注目すべきは、最高年利です。

 

多くの人が利用する100万円以下の借入れに適用されるのが最高年利なので、その数値がこれだけ違うのは大きいですね。

 

 

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの結論

三菱東京UFJ銀行カードローンは、審査基準は銀行カードローンの中では甘めで、その他にも多くの面で消費者金融カードローンに近いキャラクターだと言えます。

 

しかし、金利面や総量規制に関しては銀行カードローンのメリットを享受することができます。

 

ですから、三菱東京UFJ銀行カードローンは消費者金融なみにフットワークの良さを取り入れた銀行カードローンといえるのではないでしょうか。

 

他の銀行カードローンにはないライト感覚で利用できるカードローンに位置づけられると思います。

バンクイックお申し込みはこちらから!

 

 

申し込み