みずほ銀行カードローン審査通りやすい?【専業主婦は?】

女性7

みずほ銀行カードローンの申込み資格は?

みずほ銀行カードローンの利用条件は以下の3項目が中心です。

1.契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の人
2.安定かつ継続した収入が見込める人
3.保証会社の保証が受けられる人

 

 

収入がない専業主婦は借りられない?

みずほ銀行カードローンは、専業主婦などのように本人に収入が無い人でも配偶者に安定した収入があれば、30万円までなら申し込む事ができます。

 

(但し、審査結果で融資額が30万円を下回る可能性もあります)

 

この場合、住民票など婚姻関係を証明するための住民票は必要になりますが、配偶者の収入証明書や同意書は不要なので「旦那バレ」の心配は不要です。

 

 

保証会社の保証って?

昔はカードローンなんて便利な商品はありませんでしたから、お金を借りるためには保証人や担保などのような「借り手が返済不能になった際の弁済手段」が必要でした。

 

しかし、いちいち保証人を立てたりしていると手間がかかりますし、保証人に経済力がなければ「貸し倒れ」になってしまいます。

 

そこで、保証人や担保の代わりに保証業務を担当してくれるのが「保証会社」です。

 

 

借り手が返済不能や債務不履行に陥った場合、保証会社が銀行へ弁済し債権を肩代わりしてくれるおかげで、銀行は保証人や担保が無くても融資してくれるのです。

 

銀行カードローンは、保証会社と契約することによって審査時間が格段に短縮することができました。

 

現在では、銀行カードローンの審査は最終的には保証会社が審査して「この人は保証してもリスクが少ない」と判断しない限り承認されません。

 

つまり、銀行カードローンの審査が厳しいか甘いかは、審査する保証会社の審査次第ということなのです。

 

 

みずほ銀行カードローンは、株式会社オリエントコーポレーション(クレジットカードのオリコ)が担当しています。

 

ですから、オリコの審査を通過することになるので、オリコカードで問題を起こしている人は要注意です!

 

 

審査ではどんな項目を見るの?

カードローンの審査は、名前や性別、生年月日、住所、電話番号などの情報や借家か持ち家か、居住年数、配偶者や子供の有無、家族構成、年収(税込み)、他社からの借入状況(無担保ローン)などの生活状況に加えて、勤務先の社名、住所、電話番号、業種、勤続年数などを記載するのが基本です。

 

 

みずほ銀行カードローンの場合も、インターネットでの申込みは希望限度額と口座の有無を入力した後、これらの項目を入力して送信するとオリコが審査を開始します。

審査甘い銀行カードローンで選ばれているのは?